里帰り出産について

万全の体制でサポートいたします

遠方に嫁いで「出産は実家で」と考えられている方は多いと思います。

しかし、「夫や夫の両親から時期が早いといわれるのでは」と心配したり、「仕事をかかえているけど、いつまでに帰ったらいいの」とか「上の子のことが心配で、どうしたら良いかわからない。どんな準備をしたらいいの」といった質問を多く受けます。

当院では、そんな皆さまにも安心して里帰り出産に臨んでいただけるように、万全の体制でサポートします。

妊娠中に通いなれた病院を離れ、里帰り出産をするのは不安も多いことと思います。
スタッフ一同、そんな皆様に安心して出産していただけますように精一杯援助いたしております。


 

■ 一般的に妊娠33週~35週が理想的です

これまでに通院された産婦人科で行われた検査の内容と当院でおこなっている検査の内容との照らし合わせをし、検査の不足があればこちらで検査を追加します。
できるだけ赤ちゃんが産まれる前に、検査で問題があれば対策や治療を済ませ、万全の体制でお産にのぞんでいただきたいと考えています。

■ 上のお子様を連れて帰ってこられる場合

「2人目を里帰り出産したいけど、上の子のお世話が心配」「実家の助けにも限界があるし...私一人で子育てできるかしら?」など、お母さんの悩みは様々ですよね。
祖父母など家族の方々にお子様をみてもらう以外に、霧島市の保育園、幼稚園には一時保育・預かり保育があり、安価でお子様を一定期間みてくれるシステムがあります。
お子様の状況によっては早めに帰省し、現場に慣らすのもいいかもしれません。
また出産直後のお母さんの育児や家事を支援するサポート制度も利用できます。
当院から、産前・産後のサポートについてご紹介しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

■ 「切迫早産」や「胎児が小さい」、あるいは「骨盤位」と言われている方

里帰り出産を決めていらっしゃるなら、診断された時点で(緊急を要しないならば)早めに帰ってきてください。

■ 仕事から離れられない方

お腹の赤ちゃんのことと、自分の仕事とどちらを重要視するかはお母さん次第です。
しかし、里帰りを考えるなら、ギリギリ36週までには帰ってきてください(ちなみに飛行機も36週以降は診断書がないと乗れません)。
医療者側も道中の安全は保障することができません。
一生に何度も経験することのないお産です。
産まれる赤ちゃんのことを考えながら、しばし実家でゆったりとした幸せな時間を過ごしてみませんか?
出産後は赤ちゃん中心で時が過ぎていきます。それまでに仕事に対する責任と心の折り合いをつけてください。


 

■ まずは当院にご連絡ください

tel.0995-44-9399

氏名、年齢、初産か経産か、予定日、現住所、実家の住所、 連絡先の電話・FAX、eメール等の内容

はじめてのご来院は患者様の検診日にあわせておこしください。
その際に、外来診療の時間を確認していただくのと、はじめての検診後に院内の案内などを行いますので、時間に余裕を持っておこしください。

■ 分娩の準備

「入院の準備は里帰りされてからでも充分間に合います。
入院中に使用する衛生材料は「お産セット」としてご準備しております。

■ 紹介状及び検査記録をもらっておきましょう

帰省される日が決まったら、今まで通院していた病院から紹介状をもらってください。

■ 子育ての準備

里帰り出産後、実家で長期間過ごされる予定の方は、赤ちゃんの成長を考えて衣類やその他の用品をあらかじめ実家へ送っておくか、必要なときに必要なものだけ買い足すようにしましょう。

■ 妊婦健康診査基本受診票(券)は必ず母子手帳と一緒に持参しましょう

各地域によって妊婦健診に使用する受診票が違います。
鹿児島県内のすべての地域からの里帰りの方は使用できますが、他府県の方はそうともかぎりません。
そちらの受診票(券)が使用できるように手続きをしますので受診票は必ず持ってきてください。
地域によっては「受診票が使用できない」場合がありますが、後日払い戻しになる「償還払い」という方法があります。
また、地区によって補助の金額が異なりますので詳しいことは市の保護センターか、子ども支援課にお問い合わせください。

■ 入院の準備

入院にあたって準備するもののリストを下のボタンから見る事ができます。
出産予定日の2週間ほど前には準備しておくことが望ましいでしょう。


 

里帰りされた際は出来るだけ早く当院をご受診下さい。

スタッフ一同心からお待ちいたしております。
妊娠中に帰省の際はお気軽にお立ち寄りください。
院内の見学なども受け付けております。

電話をかける